協会のMission

Whole Food Life の考え方を、メーカー・生産者から消費者、そして行政まで広く普及させることです。
そうすることで、地球の環境はよくなりみんなが健康で快適に暮らせるような社会になると確信しています。

Mission1 資格認定制度の実施~Whole Foodの伝道師を育てる~

Whole Food を実践するには、食や農業、環境について、より深く学ぶ必要があります。協会では認定校を紹介することで学ぶ場を提供します。
そして、学んだ人が活動の場を広げるために、 Whole Food 検定を開催し資格の認定を行います。資格を取得した人がインストラクターやコンサルティング、料理教室などを行えるような環境作りも行っていきます。

Whole Food 検定についての詳細は、こちらをご覧ください。

Whole Food検定

Mission2 情報公開の推進~ホントのことを伝える~

消費者が、食品や日用品などの商品を安全であると理解できるように、メーカーや生産者に働きかけて分かりやすく情報を公開していきます。添加物や原材料の詳細な表示、包材やパッケージ方法の表示、製造方法やトレーサビリティの公開などを行っていきます。
そして、生産や販売に関わる法人会員が Whole Food を実践し、どのように社会的責任を果たしているかという視点でも情報を公開することで、消費者と事業者の信頼関係を築いていけるようなサポートをしていきます。

Mission3 セミナー・勉強会の開催~共に学びたい~

消費者もメーカー、生産者、小売等の事業者も常に最新の情報や各分野の専門家の話が聞けるセミナーや勉強会を開催し、スキルアップしていく場を提供していきます。

Mission4 実体験の場を提供~現場を知る~

エコツアー、オーガニックツアーなどを開催し、実際の生産現場を見るだけでなく体験しながら学べる場を提供していきます。
レジャーとして楽しむだけで終わることなく、日常生活に戻っても何かプラスになるような企画をしていきます。

Mission5 会員間のコーディネート・意見交換を実施~会員の交流~

法人会員それぞれの強みを把握して、販路の拡大に繋げたり、コラボレートの企画をしたり1社だけでは、なかなか実現出来ないことをコーディネートしていきます。
そして、個人会員にはアンケートを実施し、結果を法人会員にフィードバックすることで、よりよい商品の開発やサービスに繋がるような活動も 行っていきます。

ページのトップへ