第1条(目的)

この規約は、賛助会員及び賛助会費に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

第2条(賛助会員の地位)

賛助会員は、その種別に応じ本法人の目的を達成するために必要な事業に協力するとともに、本法人自ら行う調査、研究及びその他の事業の成果の利用などの便宜を受けることが出来る。

第3条(賛助会員の種別と定義)

賛助会員は、1)法人会員、2)生産者/NPO会員、3)個人事業主/会員、4)協力企業・団体会員、よりなる。

1)法人会員とは、本法人の設立主旨に賛同し、本法人の事業の維持・発展に協力し、その企画・遂行に積極的に参画する法人企業または団体をいう。

2)生産者/NPO(教育機関含む)会員とは、本法人の設立主旨に賛同し、本法人の事業に協力する生産者/NPO/教育機関などをいう。

3)個人会員人とは、本法人の設立主旨に賛同し、本法人の事業に協力応援いただく法人所属の個人並びに個人事業を営む個人をいう

4)協力企業・団体会員とは、会員としての会費の負担はないが、会費に相当する、会場提供、商品の提供、動員等でサポートいただける企業・団体をいう。

第4条(入会条件)

日本の伝統食品・調味料など、協会の目的に賛同する法人・個人、安全で持続可能な商品作りをされている生産者や法人であることとする。但し、入会に際して当協会の審査を必要とする。また本会員規約に違反する場合は、当会にて調査・検討後、入会をお断りする場合がございます。

第5条(会員資格の有効期間・表示)

会員資格は、当会による入会確定から1年間有効です。但し、委託期間の満了前1カ月前までに当会および会員のいずれかからも同期間を更新しない旨の意思表示がない場合は、自動的に1年間更新されるものとし、以後も同様とする

第6条(年会費)

賛助会員は次に定める年会費を本法人に納入するものとする。

(1)法人会員:1口60,000円/年とし、1口以上とする
(2)生産者/NPO(教育機関含)会員:1口30,000円/年とし、1口以上とする
(3)個人会員/個人事業主:1口15,000円/年とし、1口以上とする
(4)協力企業・団体会員:会費に相当する会場提供、商品提供等でのサポート

  • 賛助会費は、毎事業年度開始月(4月)に前納するものとする。
  • 事業年度開始後6ヵ月経過後に入会した場合は、当該事業年度分の賛助会費を所定金額の半額とすることができる。
  • 賛助会員が退会した場合は、既に納入した賛助会費は返還しない。

第7条(退会)

賛助会員で退会しようとするものは、当会に退会届を提出しなければならない。また、会員が本会員規約に違反する場合には、期間を定めまたは期間を定めることなく、会員を退会させることができます。

附則

本会員規約は、2014年4月1日に発効します。

ページのトップへ